必要な費用|住みやすい家は注文住宅で建てよう|老後を考慮したデザイン

住みやすい家は注文住宅で建てよう|老後を考慮したデザイン

家

必要な費用

住宅

河川原に新築の戸建てを購入するにはいくらの費用が必要になるのか、建物の建築にかかる費用をあらかじめ計算しましょう。広告に掲載している価格や、坪単価には色々な経費を加算したものになっています。測量費が1m2あたり300円程度、次に一般的な木造住宅であれば、地盤調査費に2万円程度が必要となります。本体工事費と言って、建物本体の工事に必要な費用で、坪単価×延床面積で計算されます。設計料は設計事務所に依頼する場合は、建築費用の8〜10%とされていますが、その相場よりも高くなる場合があります。地鎮祭費用は、会場の設営に2〜5万円、神職への謝礼で3〜5万円程必要となります。河川原に新築戸建を建てる時は、本体以外にもその他工事費が発生してきます。土地の条件によってもその価格は変動してきます。住宅以外の工事費として、建築基準法、また都市計画法の範囲内で河川原の建築プランが設定されているのかの確認手続き費用として建築確認申請費用が約20万円ほどになります。新築戸建てに庭を設置し、新しく水道を引く場合は屋外給水工事費用として、本体工事費の1割程度必要となります。そして、河川原の新築戸建て引き渡しの時には住宅ローンの手続きや、登記に必要な費用として5~30万円程度見積もっておきましょう。それに引越し費用や、各種税金が加わってきます。仮住まいが必要な場合、その家賃も必要になるでしょう。河川原の新築戸建を購入する時は土地購入費も必要になります。土地の広さによっても値段は変わりますので、ロケーションなども合わせて確認しておくと良いでしょう。建物の建築費だけで予算を立てるのではなく、その他必要な費用も合わせて資金計画を立てて下さい。